化粧品との付き合いかた

基本的には色々なものを試してみて決定していくものですので、
これまでの自分の歴史を踏まえる事は非常に大切です。
その上で、より効果発現を期待したい場合に、当院で処方しますような
はっきりとした目的意識を持った化粧品を選択し、これまでと比較してみる、
あるいは医師に再度相談してみる、といった姿勢でお考えください。
その際、忘れがちなのは、自分の肌は常に同じ状態ではないという事です。
極端な例では、カブレがある時やそれが治癒した直後の弱った肌には、
たとえ10年間トラブルがなかった化粧品でも、
容易に刺激性の皮膚炎を 生じさせてしまいます。
また、年齢による変化、季節(温度・湿度)による違い、ストレスの有無など
さまざまなファクターがあります。
おかしいな?と思ったら、使用をしばらく中止し、様子をみましょう。 

以下は、化粧品による効果発現をより強く期待する際、当院で処方いたします一例です。
もちろん個人個人の違いもありますので、
特にはじめは正しく診断してからの処方となります。

色素が気になる

局限  ⇒ レーザーとアスタアンジェリーヌ

全体に ⇒ KZ-1(HQ)と内服

    ⇒時にアスタアンジェリーヌの併用 

赤ら顔が気になる

ビタミンCローションと内服

小じわが気になる

化粧水(CHC)とモイスアンジェリーヌまたはアスタアンジェリーヌ

化粧水(CHC)とアンチエイジングクリーム

ビタミンC液とモイスアンジェリーヌまたはアスタアンジェリーヌ

ビタミンC液とアンチエイジングクリーム

ニキビとニキビ痕

皮膚科的外用、内服とビタミンCローション

⇒難治性⇒ディフェリン外用の併用(口囲では時にモイスアンジェリーヌ)

カサカサ・充分な保湿を得られない

皮膚科的外用と化粧水(CHC)

→皮膚科的外用とビタミンCやモイスアンジェリーヌ

 
KZ-1,モイスアンジェリーヌ、アンチエイジングクリーム、
CHC化粧水、 VCローションなどの個々の詳細につきましては、
化粧品詳細のページをご参照ください。